モンテッソーリの色板を折り紙で手作りした【画像解説&色一覧付き】

この記事を読んでわかること

✔ モンテッソーリの色板の概要・取り組み方
✔ モンテッソーリの色板の手作り方法
✔ モンテッソーリの色板を買える場所

こういう方向けの記事です

✔ モンテッソーリの色板のやり方を知りたい
✔ モンテッソーリ教具を手作りしたい
✔ モンテッソーリの色板を安く買える場所を知りたい

 
育児中ママ
モンテッソーリの色板ってどうやって取り組むの?
手作りできる?買える場所は?
モンテッソーリの色板は、同じ色をペアリングしたり、色のグラデーションを見て色彩感覚を養うおしごとです。
今回は2歳の子どものために、色のグラデーションに親しんでもらう目的で、折り紙で色板(第3の箱)を手作りしてみました。

 

折り紙で簡単に手作りできるモンテッソーリの色板 【画像解説&色一覧付き】

折り紙で簡単に手作りできるモンテッソーリの色板 【画像解説&色一覧付き】

色板とは、モンテッソーリの感覚教具の代表的なもので、色の濃淡や明度の違いを通して、色彩感覚を養うおしごとです。

 

モンテッソーリの色板の概要

簡単に、モンテッソーリの色板の概要をまとめました。

 

カテゴリー感覚教具
教具の目的・効果色の濃淡や明度を通して、色彩感覚を養う
対象年齢3歳〜3歳半(第1、2の箱)
3歳半〜4歳(第3の箱)
教具の構成第1の箱:全6枚
第2の箱:全22枚
第3の箱:全63枚
値段1万円弱〜3万円
 
エル
結構お値段するんですよね…
私がネット上で探した最安値は、送料込みで5500円ほどのものでした。(上のAmazonリンクから飛べます)

 

モンテッソーリの色板の構成

モンテッソーリの色板の各箱ごとの特徴をまとめました。

 

枚数色の構成
第1の箱全6枚3色が2枚ずつ(赤青黄)
第2の箱全22枚11色が2枚ずつ
(赤・青・黄・橙・緑・紫・桃・茶・灰・黒・白)
第3の箱全63枚9色が7段階の明度に分かれて7枚ずつ
(赤・青・黄・橙・緑・紫・桃・茶・灰)
※灰は白から黒への変化
 
エル
今回は、グラデーションが美しい第3の箱を手作りすることに

 

モンテッソーリの色板を手作りする方法

モンテッソーリの色板を手作りで作る方法

今回は折り紙を使って、第3の箱を手作りすることにしました。

 
エル
基本的な色の名前はほぼ覚えた子どもですが、グラデーションを楽しんでくれたらなと思い作りました

 

モンテッソーリの色板を手作りするのに必要なもの

今回、第3の箱の色板を手作りするために購入したものをまとめました。

折り紙(100色)

折り紙はこちらを採用。

 
エル
Amazonで併せ買い対象だったので、数百ほどで購入

最初、100均(DAISO)で折り紙を探しましたが、最大50色のものしかなく、第3の箱(63色)には及ばなかったため、色数の多い折り紙を探しました。

1色1枚ずつしか入っていませんが、かなり色々な濃度や明度の折り紙が揃っているので、だいぶ教具に近い色のものを再現できました。

 

名刺サイズのカード1枚(長方形で作りたい場合)

名刺サイズのカード

折り紙をおる時に、長方形で全て同じ大きさに揃えたかったので、名刺サイズのカードを1枚用意しました。

正方形で作りたい場合は、メンコの折り方で折れるので、カードは必要ないです。

 

ラミネーターとラミネートフィルム(補強したい場合)

今回作る色板の材料が折り紙なので、子どもが扱ううちに、ほぼ100%握りつぶされたり、水にふやけたり、汚れたりします。

それを防ぐために、折り紙をラミネート加工して、補強しました。

 

モンテッソーリの色板の折り方

折り紙で長方形の色板を作る手順をまとめました。

手順イメージ
①折り紙の下から3~4を上に向かって水平に折る。画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: paper8.jpg
②写真のようにカードを当てる。画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: paper2.jpg
③カードを包むように左右の紙を折る。画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: paper3.jpg
④カードを包んだ状態で、折り紙を上に折る。画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: paper1.jpg
⑤折り紙の余った部分に向かって、さらにもう一回折り上げる。画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: paper7.jpg
⑥カードを抜いて、折り紙の余った部分を隙間に折り込む。画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: paper5.jpg
⑦完成。画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: paper6.jpg

 

モンテッソーリの色板(第3の箱)で使った折り紙の色一覧

モンテッソーリの色板(第3の箱)で使った折り紙の色一覧

今回、色板(第3の箱)を作る時に使用した折り紙の色をまとめました。

 

色系統使用した折り紙の色(薄い→濃い)
さくらがい、サーモン、さんご、しゅいろ、とまと、あか、ストロベリー
ベビーブルー、うすみず、みず、うすあお、そら、コバルトブルー、あお
きなり、アイボリー、クリーム、きすいせん、きいろ、ひまわり、やまぶき
ピーチ、あんず、うすだいだい、きだいだい、にんじん、みかん、だいだい
やなぎ、わかば、わかみどり、わかくさ、エメラルドグリーン、みどり、ビリジャン
ラベンダー、オールドローズ、アメジスト、ふじ、ききょう、すみれ、むらさき
ベビーピンク、さくら、コスモス、うすもも、もも、ローズ、ぼたん
ベージュ、かれは、かばいろ、れんがいろ、ちゃいろ、こげちゃ、チョコレート
しろ、はいいろ、ぎんねず、ねずみ、くろ

白から黒のグラデーションは、濃い灰色の折り紙がなかったので7段階ではなく、灰系統だけ5段階になっています。

 

モンテッソーリの色板の取り組み方

色板のおしごとの取り組み方

色板のおしごとの提示方法についてまとめました。

色板のおしごとをする時は、色の部分には手を触れず、端の木の部分を持つようにして練習します。

今回手作りしたものは、ラミネート加工したので透明な部分を持つようにしました。

 

モンテッソーリ色板の提示方法(第1の箱)

箱から色板を取り出してランダムに並べ、同じ色をペアリングします。

赤い色板を置いたら、横に同じ色の赤い色板を置きます。

次に、黄色の色板を置いて、横に同じ黄色の色板を置きます。

最後に、青色の色板も置いたら、横に青色の色板を置きます。

すべて終わったら、箱に丁寧に戻します。

 

モンテッソーリ色板の提示方法(第2の箱)

第1の箱と同じように、箱から色板を取り出したら、同じ色を探してペアリングして置きます。

すべて終わったら、箱に丁寧に戻します。

 

モンテッソーリ色板の提示方法(第3の箱)

①箱の中から、1色の色系統のグラデーション色板7枚を取り出します。

暗い色の色板から、明るい色の色板に、順番に並べ替えていきます。

②箱の中から取り出した色板と同じ色を探してみます。

終わったら、箱に丁寧に戻します。

 

モンテッソーリの色板を購入できる所

Amazonで、モンテッソーリ教具のブランドの色板が購入できます。値段はけっこうします。

こちらは、海外製のものです。価格は安めですが、見た所日本製とあまり変わらないようです。

 

まとめ

全く同じではありませんが、今回ご紹介した材料で安く色板を手作りできます。

 
エル
実際には、100枚の折り紙を折ってラミネート加工してから色を選んだので、かなり時間がかかりました…

使用した折り紙の色も全てリストアップしています。

折り方も複雑ではないので、色板のおしごとに気軽に取り組みたい、子どもに色彩感覚を持たせたい方はぜひ作ってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。